カヒコフラ衣装

メリーモナークや色々なショーなどで見かける伝統的なカヒコの衣装ですが、コットンやポリエステルの無い時代にフラを踊る際、ハワイアン達が身に付けていた生地Kapaカパ(又はTapaタパと呼ばれる)をご紹介します。 原料になっているのはWauke(ヴァウケ)と呼ばれるクワ科のカジノキというものです。 この木は昔ポリネシアの人々によって船で苗ごとハワイまで持ってこられたといわれています。 まずこの木の枝または幹の外側の茶色い部分を取り除き、内側の白い皮を使います。 木の棒で叩いて伸ばしていきます。 映像でも見られるように、面白いくらいきれいに皮が剥けていくんですね。 そして、しばらくコンコンと叩いていくわけです。 きっと昔の人はこうやってコンコンみんなでわいわいお話しながらとかやっていたんでしょうね♪ (1分55秒あたり)そして、叩き終わった後の木の皮ですが、見てください!!もう布にしか見えないですよね! カパの塗料と模様...

Read More
ハワイアンのお茶
6月10

ハワイアンのお茶

ハワイアンティー(お茶)というと、パイナップルやマンゴー味のフルーティなお茶を想像しがちですが、ハワイアンが昔から飲んでいたと言われるお茶を見つけてきました。 2,3年前、フラハイキングに行った時に大きな手のひらサイズの葉っぱを見て、フラブラザーが“これは飲める葉っぱです”と言っていたのを覚えていて、いつか飲んでみようと思っていました。 よく、スーパーなどで大きな透明の袋に入った乾燥した葉っぱがあります、それがママキと呼ばれる植物の葉です。 正式名称は、、 Pipturus...

Read More